RECRUIT
採用情報


  1. ホーム
  2.  > 採用情報
  3.  > 社員の声

東京営業所:所長代理

嶋津 貴之SHIMAZU TAKAYUKI

東京営業所:支店長代理 嶋津 貴之 SHIMAZU TAKAYUKI
1996年6月
JTA CO.,LTD. シドニー支店にて現地採用 / ツアーコーディネーター
1998年10月
ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社入社 東京営業所配属 営業
1999年4月
東京営業所にて主任
2000年4月
東京営業所にて係長
2006年4月
仙台営業所にて所長
2011年4月
東京営業所にて次長
2014年4月 東京営業所にて所長代理
JTAグループでのキャリア20年以上ですが、入社時を振り返っていかがですか?
海外支店の勤務からスタートし、ツアーコーディネーター業務で現場第一でお客様に満足してもらうことだけを考えて取り組んでいました。現在は、海外から日本に場所を移してツアーを造成、販売する立場ですが、今でもその気持ちを忘れずに邁進しています。
今までの業務で印象に残った仕事はどんなことでしょうか?
超大型法人グループ旅行の競合のコンペでのことです。斬新な試みとして海外支店長に直々に旅行コンペの現場に同席してもらい、生の現場の熱いメッセージを語ってもらいました。角度を変えて現地の今を伝えることができてツアーを獲得することができました。現地の思いをダイレクトに伝えることで、旅行会社、海外支店そして自分が一体となったことがとても印象深いことでした。
今現場で感じる、この仕事に必要なパーソナリティとは何だと思いますか?
情熱を持って仕事に取り組めることが大事だと思います。表現の上手下手はあるにせよ、心ある行動には力があると私は信じています。人と人のつながりがチャンス生み、失敗を恐れず積極的に取り組む姿勢、そしてスピードとフレキシビリティーが、重要と感じてます。

大阪営業所:係長

山嵜 麻美YAMAZAKI MAMI

大阪営業所:主任 山嵜 麻美 YAMAZAKI MAMI
2013年5月
ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社入社 / 大阪営業所配属 営業
2017年4月 大阪営業所 係長
まずは、この会社に入ろうと思った理由を聞かせてください。
前職は接客業をしていましたので、人と接する仕事と言う条件は必須でした。その中で、自分の力を試したいと思っていたので営業職に絞って転職活動をしていました。未経験でもやる気があればOKと募集していたので、旅行の知識、営業経験も全くなく応募しました。
日々の業務でやりがいを感じた具体的なエピソードはありますか?
計算間違いをしてしまい怒鳴られたのがきっかけで苦手だなと思ってしまったお客様がいたのですが、ある時他社の手違いでホテルが取れず困って相談してくださいました。間際で弊社でも難しい手配のため、お断りする事もできたのですが、なんとか手配して挽回したいと思い現地支店にも協力を依頼して、結果手配することができ、非常に喜んでくださいました。その一件以来、信頼して頂けるようになり、案件も頂けるようになりました。料金だけではなく、質を重視しないといけないと考え直したよ、と手配の質についてお誉めの言葉を頂きとても印象に残っています。
あなたの思うこの会社の特徴!とは何ですか?
新人だからといって容赦はありません。いかに興味を持って勉強して、希望に合った提案ができるかが重要になります。受け身では成長できないし結果も出せません。その代わり、経験や年齢を問わず、やる気さえあれば活躍でき、結果を出せばその分評価をしてもらえる会社です。

名古屋営業所:主任

平栗 佳代子HIRAGURI KAYOKO

名古屋営業所:主任平栗 佳代子 HIRAGURI KAYOKO
2015年7月
ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社入社 / 名古屋営業所配属 営業
2017年4月 名古屋営業所 主任
前職も旅行会社でしたが、「旅行会社」と「ランドオペレーター」の一番大きな違いは何だと思いますか?
前職の旅行会社のカウンターでは、お客様から希望を受け、それに合わせてパンフレットを案内したり、予約をするということをしていました。そんな仕事を続けているうちに「そもそもこの旅行って誰が考えているんだろう?」と考えたことが転職のきっかけです。実際にランドオペレーターという職についてみて、一番違うのはやはりお客様が旅行者ではなく旅行会社という同じくプロが相手。前職でももちろん知識は必要としていましたが、細かなところの知識まではなかった為、JTAに入ってからギャップを感じ、毎日現地の資料を持ち帰って家で復習していました。プロである旅行会社よりもプロでいなければならないことにプレッシャーを感じましたが、実際に海外研修で実際に体験したり、現地支店の方とかかわるうちにいつしか当たり前の知識になり、今では取引先の方からに「ちょっと教えて」と頼って頂けるまでになりました。
名古屋営業所では、営業的な仕事も事務的な仕事もこなされていますね。
仕事をしている中で一番気を付けていることを教えてください。
私の現在の業務として、手配(内勤営業)8割:外勤営業2割と構成されており普段は事務所にいることが多いです。その中で電話でのお問い合わせを頂戴することが多いです。顔が見えない分、自分の営業担当先でなくても「この人にだったら頼んでもいいかも」と思って頂けるよう、電話口の対応には気を付けています。これは私だけではなく社内全体で気を付けていることになります。また、名古屋営業所の人数は多くないので、すぐに意見や相談が出来るような雰囲気を出すよう心がけています。後輩が増えている中で「誰に相談したらいいのか、頼っていいのかわからない。だから誰にも頼れない」ではなく、不安要素が出てきたときにすぐに聞ける窓口として頼れるよう日々気にして過ごしています。
旅行業界、特にランドオペレーターに興味を持たれた皆さんへ、
JTA GROUPとはどんな会社か一言でお願いします!
旅行会社だけでなく色々な方とも繋がる機会がある為、旅行好きな人にはより知識・見聞を広めることができる会社だと感じます。男女の差はほとんど感じたことがありません。意見を言いやすい・意欲をアピールできる環境でもある為、色んなことに挑戦が出来る間口が広い会社でもあると思います。営業から手配までを一人で一貫して行うこともあるので、無事に終了したツアーには一層思い入れを感じ達成感を得られますし、自分自身の成長も感じることが出来ると思っています。

仙台営業所:主任

白銀 遥佳SHIROGANE HARUKA

仙台営業所:主任 白銀 遥佳 SHIROGANE HARUKA
2013年4月
ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社入社 / 仙台営業所配属 営業
2015年4月 仙台営業所 主任
早いもので入社してから6年目を迎えますが、入社時を振り返っていかがですか?
旅行関係の専門学生時代にアルバイトとして半年間働き、卒業後に入社致しました。実際に働いてみて、学校で学んでいたこと以上に各国に対しての細かい知識が必要になり、入社した当初は覚え なければならないことが沢山で大変でした。入社後、私にも少しずつ問い合わせが来るようになりましたが、わからないことだらけなので調べるのに必死だったことを覚えています。6年目を迎えた今でも、日々アップデートされていく現地の情報を理解できるように頑張っています。
東京や大阪とはまた違い、人数の少ない営業所で仕事をするポイントがあると思いますが、どういうところに気を付けて仕事をしていますか?
営業所内での報連相や情報共有を大事にしています。
人数は少ないですが、営業所内でのコミュニケーションは取りやすいですし、お客様にも自分たちの名前を覚えて頂きやすい所はメリットになります。そのメリットを活かして、全員の仕事が上手く回るようサポート出来るように、日々心がけて仕事を行っています。またお客様から、その仕事の担当者が不在の際に問い合わせを受け代わりに対応した場合にも、営業所内での報連相を徹底し、その後のやり取りでミスが出ないよう気をつけています。
この6年で、様々なタイプの旅行業界の方と接してこられたと思います。
どんな人がこの業界にむいていると思いますか?
色々なことに対して柔軟に対応できて、楽しめる人です。
旅行するお客様によって、その旅行に対する思いも、旅行中どのようなことをしたいのかも違ってきます。
また国によって、観光内容は勿論、出来ることや出来ないことがあるので、その違いを受け入れて、お客様に理解してもらえるように案内しなければなりません。理解してもらうために、自分でも一度理解しようとする柔軟性が必要だと思います。お客様に合わせて、調べなければいけないことや覚えることも沢山あり大変ですが、そういった点もこの仕事の楽しいところだと感じていますので、色々なことを柔軟に対応できて、楽しめる人が向いていると思います。

札幌営業所:主任

伴野 未耶妃BANNO MIYABI

札幌営業所:主任 伴野 未耶妃 BANNO MIYABI
2016年5月
ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社入社 / 札幌営業所配属 営業
2018年4月 札幌営業所 主任
異業種からの転職ですね。
営業職自体も初めてですが、挑戦してみようと思ったきっかけ・一番の理由を教えてください。
前職は一般・経理事務で働いていたのですが、5年程経った頃、一生この仕事で良いのだろうかと考えはじめました。
「もっと違う事にも挑戦してみたい」「違う世界を見てみたい」と思い、どんな仕事に就きたいのかをゆっくり考えたときに、自分の努力で結果のでる仕事がしたい思ったのが、営業の仕事に興味をもったきっかけです。海外旅行はほとんど行った事がなかったものの、旅行が好きだった事、海外への憧れからこの職業に挑戦してみたいと思いました。
何もかもが初めての経験だった中、
今までで一番印象に残った出来事はどんな事でしたか?
初めての営業職で、最初はいつも緊張しながら営業に行っていましたが、営業に通えば人との関係性が築けたり、徐々に仕事を頂く事が出来るようになりました。
もちろんいつもうまくいくわけではありませんが、誠意をもって仕事をし、いろいろな方々の協力を得て無事ツアーを終了させることを積み重ねることで、最終的に営業としての結果がついてくる事を実感できたことが一番印象に残っている事です。
海外と関連する仕事や、旅行業界の仕事を目指しているみなさんへ、
異業種から飛び込んでみた先輩から一言お願いします!
初めて就いた海外旅行の仕事だったので、本当にわからない事ばかりで最初は覚える事が多く大変でした。3年目の今でもわからない事はたくさんあるし、頭を悩ませる事もありますが、同じオフィスの方々、海外にいるオフィスの方々が助けてくれるので、そこは安心できるところです。何事も一生懸命頑張れる人、常により良いものを提案したい気持ちや、お客様の満足いく旅行にしたいと考えられる方は、この仕事に向いていると思います。旅行が無事成功して、お客様にまたお願いするねと言って頂ける事がすごく嬉しく、大変だった事も忘れるくらい、やりがいも感じられる仕事だと思います。

東京営業所:営業

杉浦 大士SUGIURA DAISHI

東京営業所:営業 杉浦 大士 SUGIURA DAISHI
2018年4月 ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社入社 /
東京営業所配属 営業
新卒で入社されて半年。数ある就職先の中から、
旅行会社しかもランドオペレーターである弊社を選んだ一番の理由を教えてください。
私は学生時代、旅行会社のみに絞って就職活動をしていました。理由はとても単純で「旅行が好き」だからです。色々と情報を集めているうちにたまたま学校の求人でJTAを見つけました。このホームページにアクセスし内容を 読んでいると、私が想像していた旅行会社とは少し違うなと感じました。個人的な印象としては「旅行の裏側」という感じでした。自分にとって身近な存在であった旅行にもかかわらず、ランドオペレーターという職業自体を知らなかったことに驚き、またとても興味を持ちました。旅行とより密接に関われる仕事はこれだと思い入社を決意しました。
刺激いっぱいの半年だったと思いますが、
一番印象に残っている出来事はどんなことですか?
知らないことばかりというのが半年たち実感していることです。ランドオペレーターという職業以前に社会人としてのマナーから知らないことばかりでした。学生時代は社会人の基礎という本を購入し勉強はしていたつもりでしたが、いざ社会に出てみるとやはり分からないこと、知らないことばかりです。この会社はマニュアルがなく、全て自分で考え行動するというスタイルです。少しハードルが高く感じるかもしれませんが、私にとってはとても刺激的でした。もちろん先輩や上司に相談すれば、快く答えてくれます。基本的に一人で作業する事が多いですが、決して孤独だなと感じたことはありません。周りの先輩は優しい方ばかりです。仕事内容に関しても、旅行を扱っていることから、1つ1つのツアーが毎回違います。知らないことがあればその都度自分で調べ、分からなければ上司に相談し、それでも分からなければ現地支店に相談し、お客様とツアーを作っていきます。毎日が知らないことの連続で、とても充実しています。
最後に、これから海外や旅行に関わる仕事をしたいと考えている学生の皆さんに、エールを一言!
旅行が好きで旅行会社で働きたいと思っているのなら、ランドオペレーターは最適な職業です。毎日、現地支店とやりとりをしていて、ふと「あぁ、今自分が話してるのは実際現地にいる人なんだ」と思う事があります。旅行に関しても海外に関してもすごく身近に感じられます。知らないこと、分からないことばかりで毎日が大変ですが、自分が関わったツアーに参加されたお客様が、無事に旅行を楽しんでご帰国されたと現地から報告をもらった時は、頑張って良かったと実感します。自分が旅行好きだからこそランドオペレーターとして生かせることがこの会社にはたくさんあります。旅行を通して人を楽しませたい、幸せにしたいと思っている人には是非、一緒に働いてもらいたいです。

ページトップへ